診療について

皮膚科

更新日:平成24年12月1日

スタッフ

氏名 経歴 所持資格 所属学会
奥田 長三郎
(おくだ ちょうざぶろう)
昭和52年弘前大学卒業 医学博士 日本皮膚科学会認定医
皮膚科専門医
日本皮膚科学会
日本医真菌学会

ほか非常勤医師(新潟大学)1名

特色

皮膚疾患全般を扱っているが、特に皮膚真菌症の診断、治療に力を入れています。
皮膚真菌症およびまぎらわしい症例については、必ず直接顕微鏡と真菌培養による診断の確定を行っています。(他施設で誤った診断・治療が行われているケースが少なくないため)。治療に際しては、日常生活上の指導を併せて行っています。

皮膚科領域でかなりの部分を占める湿疹皮膚炎群、薬疹では、治療だけでなく、原因の究明や、それを取り除くための生活指導が重要です。必要によりパッチテストや再投与試験、およびアレルギーカードの発行を行っています。アトピー性皮膚炎については、さらに症状に応じた概要療法とスキンケアの指導を行っています。重症例については、教育を兼ねて入院加療を行うこともあります。

褥瘡については、各症例に応じた治療に加えて、予防及び処置についての家族への指導を行っています。現在、院内の褥瘡委員会の活動(治療のみならず予防にも力をいれている)が軌道に乗っていて、当院入院後に新たに褥瘡を発症するケースはほとんどなくなっています。

外科的処置として、小手術(皮膚腫瘍、母斑、陥入爪、植皮)および皮膚生検が計70~90例/年。