診療について

ダ ヴィンチサージカルシステム

手術支援ロボットダ・ヴィンチ

「世界水準の医療を提供したい」その想いから平成24年4月に新潟県内初となる手術支援ロボット「ダ・ヴィンチサージカルシステム」を導入し泌尿器科で手術を開始しました。その優れた機能からアメリカでは前立腺癌の約80%がダヴィンチで手術されています。当院ではこれまでも平成18年に県内初となる腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術認定施設(県内で2施設のみ)となるなど体に負担の少ない腹腔鏡下手術に力を入れてきましたが、今後はさらに質の高い手術を目指して尽力していきたいと考えています。

執刀医より

渡辺医師(泌尿器科)

渡辺医師 本システムを用いた手術は、従来我々が施行してきた腹腔鏡下手術(体に1cmほどの穴をあけて、内視鏡下に行う手術)に比べ、縫合技術において明らかに優れた機能をもっています。特に前立腺癌に対する全摘除術において、病巣摘出後の膀胱尿道吻合は緻密かつ正確で、術後の尿失禁の回復も従来の腹腔鏡下前立腺全摘除術より早いです。
他科領域の疾患に対しても今後ロボットを用いた手術の増加は確実視されており、手術治療に貢献するものと思われます。

金子医師(泌尿器科)

金子医師 ダヴィンチは、小さい空間での細かい作業において、その機能を最大限に発揮してくれます。一般的に小柄な人種である日本人男性の前立腺全摘除術は、その骨盤腔の狭さゆえ、開腹術は当然のことながら、従来の腹腔鏡手術でも難易度の高い手術とされてきました。しかしこのダヴィンチは、骨盤のずっと奥に位置する前立腺周囲での現場活動(情報収集・剥離吻合操作)をリアルタイムに実行してくれる、強力な頼れるパートナーです。

ダヴィンチの機能

高解像度3D画像 3D画像・デジタルズーム機能により、術野を鮮明な立体画像でみることが可能となり神経や血管の温存がこれまでよりも容易になります。
手ぶれ防止機能 術者の手ぶれは機器によって除去され、正確な動きが可能となります。
広範な可動域を持つロボットアーム ロボットアームの先端は人間の手を超える稼働域をもち、狭いところでも自由な操作が可能となります。

従来手術との比較

  • 低侵襲
    出血量を抑え、切開創が小さいため患部の痛みを軽減します。
  • 確実性
    拡大視野により、がん細胞などを全て取り除く確率が上がります。
  • 機能性
    正確な手術により術後の「尿失禁」や機能性障害(勃起不全)が起こる確率を低減します。

Q&A

Q健康保険は適用されますか?
A平成24年4月より「前立腺癌」に対して適用になりました。
Q「前立腺癌」の場合入院期間はどれくらいですか?
A切開範囲が小さく出血を最小限に抑えることができるため8日前後で退院可能です。
Qロボットが手術をするのですか?
A機械が自動的に手術を行うわけではありません。腹部にあけた小さな穴に手術器具を取り付けた複数本のアームと内視鏡を挿入し、医師が操作ボックスの中で内視鏡による画像を見ながら操作して行います。

手術見学を希望される方へ

ダヴィンチ手術の見学を希望される方は下記の窓口までお問合わせ下さい。

概要

見学術式 泌尿器科(前立腺全摘除術)
対象職種 医師・研修医・医学生・看護師・コメディカル・事務員
見学可能人数 1症例2名まで
見学コース・スケジュール
  • ドレーピングからの場合
    9:50(集合)→10:00(ドレーピング開始)→11:20~12:20(食事・休憩)→12:30(患者入室・麻酔開始)→13:00(手術開始)→16:30頃(手術終了)
  • 手術(含麻酔導入、体位固定)からの場合
    12:20(集合)→12:30(患者入室・麻酔開始)→13:00(手術開始)→16:30頃(手術終了)
見学費用 無料

お問い合わせ窓口

地域医療連携室
電話0256‐33‐1551(代表)
FAX0256‐35‐8175(直通)
E-mail renkei@saisanhp.com