当院について

先輩の声

平成25年1月 現在

坂田政貴さん

<入職したきっかけ>
済生会病院は幼い頃から通院経験があり、自分にとってなじみの深い病院です。幼い自分にも看護師をはじめとして職員の方が優しく接してくれたことを覚えています。また学生時代に参加した病院説明会での、明るく活気あふれる様子に良い印象を抱き、自分も卒業後はぜひ、地元である三条市に戻り済生会病院で働きたいと思い、この春より希望通りに当院で働くことができました。

<現在の仕事のやりがいやよろこび>
現在は、小児科と内科の混合病棟である南4階病棟に勤務しています。採血や点滴など、少しづつですが日々出来ることが増えていくことに、やりがいや達成感を感じます。また、入院されていた患者さんが無事に退院されていく姿に喜びを感じています。
そして限られた中でいかにして患者さんに関わり、満足していただける看護を提供できるかを考え、今後も経験を積んでいきたいと思います。

<就職希望者へのメッセージ>
当院では、看護師や医師をはじめ、多くのコメディカルスタッフが患者さん一人ひとりに対して、より良い医療を提供しようと連携して頑張っています。看護師としての技術の習得だけでなく、チームとしての医療の提供を実践、経験することができ、とてもやりがいある職場だと思います。

坂田政貴さん

小田このみさん

呼吸器科・小児科の混合病棟で働き始めて1年がすぎました。入職当時は、これまでに触ったことのない呼吸機器や、慣れない小児科の処置に戸惑い、不安がいっぱいでしたが、先輩看護師に相談したり、アドバイスをもらったりしながら徐々に経験を積んで、少しずつ自信を持って仕事をすることができるようになりました。

今担当している小児科の中でも特に乳幼児は症状を言葉で表現することができないうえ、いつもと違う環境でどうしても機嫌が悪くなってしまい、家族も戸惑いがちです。病室のベッドまわりや目に入る空間を工夫してリラックスできる環境を整えたり、こまめに声をかけるなどして、環境がかわることについてのストレスを軽減できるようにしています。病気のケア以外にも、看護師にできることはたくさんあると実感する日々です。

私たちの看護ケアによって回復し、元気に帰る姿を見るととてもやりがいを感じます。これからも患者さんに笑顔で、きめ細やかな対応をしていけるよう頑張りたいです。

小田このみさん

佐藤輝さん

看護師の仕事は、専門的な知識や技術、コミュニケーション能力など、様々な専門性が必要となる仕事で、最初から誰もが上手くできるわけではありません。そのため、当院ではプリセプター制度を導入し、新人看護師が不安なく業務を行えるように、1年を通してバックアップしていきます。

プリセプターは新人看護師の気持ちをくみ取れるよう、4~5年目の比較的新人に近い年代の看護師が担当します。注射・点滴などの手技から、病院での業務の流れ、関係部署との連携のしかたなど、ひとつひとつそばについて指導しています。また、単に業務に必要な指導をするだけでなく、悩みや不安を抱えていないか、など変化に気づくことができるように見守り、一番身近な相談相手となれるように心がけています。

<後輩のみなさんへ>
同じ看護師として、共に目標に向かって明るく楽しく仕事ができるように、プリセプターを中心にスタッフ全体で皆さんをお待ちしています。まだまだ私も未熟ですが、一緒に成長できるようがんばりましょう!

佐藤輝さん

渡邉香織里さん

私は出産後1年の育児休暇のあと、院内保育室を利用し、呼吸器内科・小児科の混合病棟に復帰しました。院内に子供を預けることができるため、子供の存在を身近に感じながら仕事に取り組むことができ、復帰直後も安心でした。また子供が体調を崩しても当院の小児科ですぐに対応することができるところも理想的な環境だと思います。病棟スタッフ全体で応援してくれますし、同じ境遇のママさんナースも多く勤務しているので、育児・仕事なんでも相談でき、以前にも増して病院、働く仲間への信頼度が強くなった気がします。

<子育て中のママさんへ>
元気に保育室へ登園する姿を見ると、私も今日も元気にがんばろう!という気になります。育児をしながら、一緒に楽しく働く仲間になりませんか?

渡邉香織里さん