当院について

医療安全管理部

医療安全管理部の理念

『済生会三条病院の医療安全対策及び院内感染対策を通して、
病院が患者や地域に安心・安全な医療を提供できるよう支援する。』

近年の医療の進歩により、従来は治療が困難であった疾患が治療の対象となり、社会に復帰できるまでに回復できる場合もみられるようになりました。しかし、治療方法が高度かつ複雑化したため、予測不可能な医療事故や、操作の未熟さに伴う医療過誤の報告も散見されます。当院でも、「患者さんが安心して医療を受けられるようにすることが重要である」という病院長の考えに従い、平成24年5月に医療安全管理部を設立しました。

医療安全管理部では、「人はミスをする生き物である」という認識に立ち、ヒューマンエラーによる事故を未然に防ぐことができるシステムを構築し、それでも万一事故などが発生した際には、その原因の徹底究明と、得られた結果をその後の安心・安全な医療に結び付けることを目的としています。

医療安全管理部の病院内での位置づけ

医療安全管理部は病院長の諮問機関として、病院が安心・安全な医療を提供するためのサポートを行います。

位置づけ

医療安全管理部の構成

医療安全管理部はその業務遂行のため、医療安全対策室と感染対策室の二つの対策室を設け、それぞれ専従のスタッフが対応しております。

対策室

医療安全対策室の主な活動内容

医療安全管理者からのメッセージ

安全・安心で質の高い医療提供のために療養環境、職場環境の維持・改善に努め、日常の事故防止や安全活動を実務的に担当しています。
医療安全管理者として院内様々な部署の連携と調整に努め医療安全対策室委員と協力し、患者さんが安心して医療を受けられること、そして職員が安全な医療を提供できるように調整・支援していきたいと思います。

1.医療事故の発生状況の把握・分析

  1. 事故報告書の集計・分析
  2. 看護部医療安全対策委員会と協力しヒヤリハット報告の把握
  3. 事故報告書・ヒヤリハット報告書からの再発防止策の検討
  4. 分析結果及び安全対策の周知・徹底
  5. 他職種の参加による、週1回の医療安全カンファレンス実施

2.医療安全対策や必要な情報の周知・広報

  1. 医療安全管理マニュアルの定期的な見直し、追加作成、周知
  2. 他施設で起きた重大事故発生情報の共有
  3. 医療安全情報・医療安全対策室ニュースの配布と周知

3.安全対策実施状況の確認と評価

  1. 院内パトロールの実施
  2. 各部署より提出された安全対策の実施状況確認

4.職員への医療安全教育、研修

  1. 全職員対象に研修会開催
  2. 医療安全週間、月間の取り組みを企画・実施

5.医療安全に関する相談業務

6.医療機器・器材の安全管理

  1. ME(臨床工学技士)と協力し、医療機器の管理や教育、器材購入

感染対策室の主な活動内容

感染管理認定看護師からのメッセージ

感染対策室は、患者さんおよび病院で働く職員、訪問者などすべての人たちを感染から守ることを目的に活動を行っています。各職種と連携を行い、患者さんが安心して治療に専念できる安全な療養環境の提供と職員が健康で働くことのできる職場環境の提供を目指して活動を行っていきたいと思います。

1.院内感染発生事例の収集・分析

  1. 感染症発生状況の把握
  2. 抗菌薬使用状況把握
  3. 感染拡大時の調査と制圧(看護部感染対策委員会と協働)

2.感染対策や必要な情報の周知・広報

  1. 院内感染対策マニュアルの見直し、作成、周知
  2. 院内・外での感染症情報の提供

3.感染対策実施状況の評価

  1. 院内ラウンド
  2. 擦式アルコール製剤払い出し量調査
  3. サーベイランス

4.職員・委託業者への感染教育

  1. 全職員対象研修
  2. 新人研修
  3. 各職種および委託業者への研修

5.感染対策に関する相談業務

スタッフ

  • 大竹雅広
    インフェクションコントロールドクター(ICD)、リスクマネージャー
  • 五十嵐綾
    リスクマネージャー
  • 早川陽子
    インフェクションコントロールナース(ICN)