当院について

臨床工学科

はじめに

臨床工学 臨床工学科は、高度化する医療機器の安全性の確保と効率的運用を目的に新設されました。現在8名の臨床工学技士が在籍しており、医療機器の性能・安全性を維持するため、機器の選定から廃棄されるまでのライフサイクルを管理しています。また、医師や看護師などのスタッフが医療機器を安全に安心して使用できるように研修会を開催し、教育活動も行っています。

主な業務

医療機器管理業務

臨床工学 輸液ポンプ・シリンジポンプの中央管理と人工呼吸器・除細動器・閉鎖式保育器などの定期点検や清掃・修理を行っています。また、1日2回の院内ラウンド・人工呼吸器や閉鎖式保育器の使用中点検を行っています。その他、病棟や外来の生体情報モニター・エコー・医療ガス配管端末の定期点検も行っています。

人工透析室業務

当院の人工透析室は平成4年に開設されました。開設当時から臨床工学技士が臨床業務にも積極的に取り組んでおり、穿刺業務やシャント狭窄に対してのPTA施行時の介助も行っています。また、水処理装置や各コンソールの保守管理も行っています。

手術室業務

臨床工学技士が毎日1名常駐しています。業務内容は、朝のミーティングに参加して情報収集をし、麻酔器や電気メスなどの始業前点検を行います。当院は腹腔鏡下手術や経尿道的手術が多くあり、周辺機器の配線なども行っています。また、ロボット手術支援装置 da Vinciサージカルシステムのセッティングも行っています。

教育業務

臨床工学科では看護部の新人を対象に輸液ポンプ・シリンジポンプ・人工呼吸器の研修会を毎年必須で行っています。その他、新規導入機器が配置されるときや各部署から研修依頼があったときはその都度対応しています。