当院について

リハビリテーション科

当院では病気や怪我をされて入院となった患者さんに対し、医師の指示の下、リハビリテーションを実施しています。
骨折や骨関節手術後などの整形外科的疾患に対する急性期リハビリテーションやそれ以外の疾患に関しても、治療が安定した後の廃用症候群の改善、家庭復帰に向けたリハビリテーションを行っています。
また、疾患によっては後遺症が残り長期療養やリハビリテーションが必要になりますが、その際には患者さんにとって最適と思われる方法の選択(回復期リハビリテーション病院・療養型病院、福祉施設への入所、在宅へ向けた社会資源の利用等)をソーシャルワーカー等他スタッフとともにお手伝いをさせていただきます。
現在当院では、リハビリテーション診療に関わるスタッフとして、理学療法士4名、作業療法士1名、言語聴覚士1名が在籍しています。

理学療法(PT)

運動機能の低下した人に対し、身体機能の改善や廃用症候群の予防を目的に「運動療法」「物理療法」「日常生活動作訓練」を実施します。
当院では、運動器疾患の患者さんをはじめ、呼吸器疾患や廃用症候群の患者さんが主な対象となっています。

リハビリテーション科 リハビリテーション科

作業療法(OT)

作業療法はその人が活き活きとした生活を送れるよう、仕事、遊び、日常的な生活行為などさまざまな「作業」をとおして、からだとこころを元気にするリハビリテーションです。
主に上肢の機能回復訓練、日常生活動作訓練、家事動作訓練、認知機能障害に対する訓練、自助具の制作や紹介などの作業療法を行っています。

リハビリテーション科 リハビリテーション科

言語聴覚療法(ST)

ことばを聴く・話す・書く、ご飯を食べる…。誰もがごく自然に行っていることが、病気や加齢により不自由になることがあります。ことばや飲み込みの不自由に対して、機能回復や社会参加のためのお手伝いを行っています。